我が人生を振り返り、あなたの趣味は何ですかと問われたら、一瞬戸惑いながら「仕事」と答えるでしょう。家族共々健康で働き、大勢の社員の皆さんと笑顔で元気で働くことが出来たのも仕事があればこそで、身をもって体験して来たお陰で、そう思えるのです。
戦国時代の茶人、千利休の「好きこそものの上手なりけれ」との諺のように、自分の好きなことは熱心に工夫するので、それによって益々上手になるのです。ゴルフにおいても同じです。しかしゴルフは時間とお金が必要です。仕事は、やりたくないけど食べる為には仕方がないのでやると思いながら仕事をしている人は、上達や能力の向上などは有り得ないのです。人は自分の人生の半分以上を、仕事との関わりで生きていくものです。仕事を好きになれないというのでは、人生を無駄に過ごしているようなものです。ものの考え方によって仕事も楽しくなり、人生を謳歌することが出来るのです。まずは自分がすべき仕事を一も二もなく、好きになることです。人間とは正直なもので、嫌々やっている仕事は、能率も落ち、信頼を勝ち取ることは出来ないのです。今している仕事を好きになって、明るく振舞うことによって周囲を明るくし、自然にアイデアも湧いて来て、結果として密度の濃い仕事が出来るようになるのです。人間の能力の差など、たかが知れているのです。自分がどんなに他人よりも優れていると思っても、与えられた課題に打ち込めずにいては、あるべき能力を発揮することが出来ないのです。仕事が本当に好きになり、繰り返し努力している人には叶わないものです。
仕事に対する考え方が、大きく人生を左右するのです。

| 2010年7月16日 金曜日 | 経営 |

このページの先頭へ

会長の部屋

<   2010年7月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター