社長・役員は、多くの部下や数えきれない多くの取引先や関係者と接していかなければいけません。発展している企業の幹部は誰よりも、一歩踏み出す強い精神力を持ち合わせているのです。
先般も、大変むずかしいお客様との問題を、役員幹部の皆さんが半年間に亘り力を合わせて解決してくれました。無事解決できたのも、常日頃、営業や配送に努力する姿勢を、変わらずにやり続けた結果です。交渉力とは相手が何を考えているか、どのようなことを求めているか、結論の落とし所はどこか、交渉力の基本は自分の言いたいことを押しつけることではありません。相手の気持や立場を尊重し、解決策を提案し、一緒に悩みを解決してあげる心を持つことなのです。特に幹部の皆さんは、このことを肝に銘じていただきたい。気が合う、合わないは世の常とも言えますが、気が合わない人にも自ら進んで接することによって、相手から理解をいただき距離を縮め、良好な関係を維持し続けることが出来るのです。
我が人生を振り返り、幹部の皆さんには自分と同じ気持になってもらいたい。なんとか会社の為に頑張ってほしい。それには常にお客様の立場に立ち、物事を考えていただきたい。そして、幹部の皆さんが誇りを持って働くことの出来る職場なのか、自分たちの仕事はお客様に役に立っているのか、社員が社会人として成長することの出来る職場なのかと、社長役員の皆さんが一丸と成り会社を支え、お客様から必要とされる企業を目指していただきたい。

人間は一人では生きていくことは出来ません。価値ある人生や生きる喜びとは、健康であることは当然ですが、五体満足で働くことが出来ることに、私達は感謝する気持ちで人生を歩んでいるでしょうか。
先般、当社の取引先のお客様が経営されているパン工房とカフェを訪問しました。健常者と障害者が一緒に働き、若い女性の皆さんが障害者の方達に口を出さず、しっかり見守りながら働き、障害者の方達は頭ではなく体で覚えている姿に感動せずにいられませんでした。責任者の方から「社会に参加し、自分の力で働き、お金を稼ぐことを教え自立させたい思いです」との話を聞き、非常に感心し、皆さんに「頑張ってください」と別れを告げ帰って参りました。
ところで、当社の社員に嬉しい出来事がありました。事務員として15年間、真面目に勤めていただいたNさんと14年間、配送・営業に勤めていただいているI君が結婚するとの報告です。ところが、ご両親の体調を考え結婚式を挙げないとのことです。そこで役員・同期生18名で横浜にある懇意にしていただいているホテルで結婚を祝う会を開催し、大変感激し喜んでいただきました。私も我が息子・娘のような思いで、この急ごしらえではありましたが、社長はじめ参加者の暖かい心のこもった披露宴に参加し、家内共々涙する一時を過ごすことが出来ました。Nさんは昨年、体調を崩し悩み苦しんだことでしょう。人は誰しも精神的に弱くなることがあります。苦境に立たされたときは辛いものです。これからは支えてくれる夫があると心に留め、二人三脚で楽しい人生を歩んでいただくことを祈念しております。

1

このページの先頭へ

会長の部屋

2010年4月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リクナビ2018 エントリーはこちら
ひまりちゃんを救う会
カナカツ
神奈川福祉事業協会
神奈川被害者支援センター